ホーム > 翻訳・通訳・校正 > 【クラウドソーシング業種】通訳業務ってどんな仕事?

【クラウドソーシング業種】通訳業務ってどんな仕事?

【仕事内容】

このお仕事は、自宅ではなく現場に赴いて勤務していただくことが多いです。また、単発の仕事が主で、仕事内容は記者会見の同時通訳が一般的です。英語だけでなく、中国語ができる方も求められる場合が最近多いようです。稀にですが、パソコンの環境が整っていればオンライン通訳の仕事もあります。

【応募資格】

特に資格は必要ありませんが、当然外国語の読解能力と、日本語の能力が必要です。同時通訳の場合は、相手に誤解を与えないように内容を正確に伝えることが必須です。ですので、初心者さんよりは経験者が採用される場合が多いでしょう。

【給与・年収】

通訳業務に関しては、日給制をとっている会社が多くみられます。相場は1日5000円~10000円(交通費別)となっています。もしくは、1分いくらで計算して報酬を出すところもあります。支給額が決まっているところもありますし、通訳者と相談の上決める会社もあるので、そういう場合はご自身の能力に見合った報酬で契約しましょう。

【こんな人におすすめ】

通訳の経験があれば、多少ブランクがあってもできる仕事ではあります。需要に対して実際に仕事ができる人が少ないので、一度仕事をして気に入ってもらえると、「次回からもお願いしたい」と依頼されることが多々あります。語学力のスキルが高いことはもちろんですが、真面目な方、物事を順序立てて考えられる方、急なトラブルにすぐに対応できるという臨機応変にできる方におススメです。


仕事ランキングで探す