ホーム > サイト制作・Webデザイン > 【クラウドソーシング業種】HTML・CSSコーディングの役割

【クラウドソーシング業種】HTML・CSSコーディングの役割

【仕事内容】

まず、HTMLというのはwebページすなわち、ホームページを作成するために作られた言語です。言語といっても、私たちが日頃使うような日本語とか英語という意味ではなく、決まり文句のようなものです。現在公開されているホームページのほとんどがこのHTMLで構築されています。また、CSSというのはHTMLのタグで囲んだ範囲の文字の色・大きさ・背景の色や配置などを指定するための言語です。つまり、HTMLにCSSで飾りつけをしてホームページを完成させるイメージです。仕事の内容は、ホームページを作成すると理解して頂いて良いでしょう。

【応募資格】

特に資格は必要ありませんが、当然HTMLの知識や意味、CSSの知識が最低限必要です。HTMLやCSSの技術を使ってこのような仕事に関わったことがある方が求められることが多いようです。

【給与・年収】

このお仕事の報酬は、一般の業種よりもかなり高額と言えるでしょう。ですので、初心者向きとは言えない職種です。しかし、50万円~100万円の報酬が設定されているところもありますので、魅力的な仕事です。

【こんな人におすすめ】

HTMLやCSSの仕事は地道な作業の積み重ねでもあります。また、常に新しい情報を自分で仕入れて行ける方にはおススメの仕事です。ご自身でも「こんな風に仕事がしたい」と明確なビジョンがある方にはぴったりのお仕事だと思います。


仕事ランキングで探す