ホーム > ECサイト・ネットショップ構築 > 【クラウドソーシング業種】ネットショップ運営代行業務とは?

【クラウドソーシング業種】ネットショップ運営代行業務とは?

【仕事内容】

最近では、インターネット環境があれば家から一歩も出ることなく生活ができると言われている時代です。それに大きくかかわっているのがネットショップです。今ではインターネットショップで販売されていない商品は無いとさえいわれています。また、ネットショップがとても繁盛してあっという間に業績をあげた個人の方もたくさんいらっしゃいます。多くの起業家は自分でショップを運営していますが、そのショップが大規模になってくると、なかなか一人では手が回らないということにもなります。

そこで、ネットショップの運営を代行してくれる人をクラウドソーシングでは求められることが多くなりました。簡単に言うと、お店のオーナーは別にいて、あなたはそのネットショップの店長を任されるわけですね。

【応募資格】

特に資格は必要ありませんができれば、ネットショップに精通している方のほうがスムーズに仕事ができるでしょう。商品の入れ替えをしたり、欠品の場合は仕入れをしたりと、パソコンに詳しいだけでなくマーケティングにも詳しい方が求められています。

【給与・年収】

この仕事の報酬は時給制であることが多いようです。だいたい時給単価は1000円程度となっています。登録作業や商品撮影なども行う場合はもう少し時給は上がります。

【こんな人におすすめ】

ネットワーク上は互いの顔がみえないため、大変気を使います。実店舗で販売などの経験をなさったことがあるかたもおススメです。そのお店の長として仕事をするので、クレーム対応なども行わなければなりません。


仕事ランキングで探す